「管理職教育・育成のエキスパート」

  〜NPO マネジメントスクール〜

●経営者の方へ《管理職者の “職場を常に変革する力” を“見える化”し日々の仕事の実践で養成する》
●役員・本部長研修(研修時間3時間)『新しい現実を生み出す管理職者をつくる12項目』
●実務を通した管理職実践研修(研修期間6ヶ月)『管理職者として新しい現実を生み出す』<6ヶ月間・12項目の実践>
●管理職研修(研修時間3時間)新しい現実を生み出す管理職者としての「仕事への取組み姿勢」「目標設定、進捗管理」「部下育成」の「考え方と実践12項目」を学習する
●管理職研修(研修時間5時間)『職場を常に変革する力を強化する』
●公開研修情報  ●コラムで管理職研修  ●Facebook  ●Twitter
●経営塾:経営者のための管理職養成戦略塾  ●小冊子:経営者のための管理職養成マニュアル    

                        NPOマネジメントスクールでは、管理職者の業務の生産性向上を主要テーマとして、
                        「仕事を通した管理職者の育成」に関して、職場の実務に直結した実践的な
                        研修を行っております。札幌商工会議所の会員です。

【無料メールマガジン登録】
コラムで管理職研修の他、
各種ご案内をお届け致します。
ぜひ、ご登録下さい。
下記メールアドレスへ
お名前とメールアドレス、
メルマガ希望と
ご記載頂きご送信下さい。
NPOマネジメントスクール
npo.managementschool@gmail.com
(公開研修情報 掲載サイト)
北海道産業人材育成ネットワーク
研修・セミナー ポータルサイト

札幌商工会議所
メールマガジン

札幌産業ポータル
メールマガジン
イベントカレンダー

【社内研修】
役員・本部長研修

『新しい現実を生み出す
 管理職者をつくる12項目』
【社内研修】
役員・本部長研修

【社内研修】
管理職研修

「実務を通した
管理職実践研修」
(研修期間6ヶ月)
『管理職者として
 新しい現実を生み出す』
<6ヶ月間・12項目の実践>
【社内研修】
管理職研修
【社内研修】
管理職研修

『職場を常に変革する力
を強化する』
【社内研修】
若手・新人リーダー研修
【社内研修】
管理職研修
【社内研修】
管理職研修
【社内研修】
管理職研修
【社内研修】
【社内研修】
【社内研修】
【社内研修】

管理職研修

   新しい現実を生み出す
   管理職者としての
   「仕事への取組み姿勢」
   「目標設定、進捗管理」
   「部下育成」の
   「考え方と実践12項目」を学習する

管理職者として、
「会社に貢献できる良い仕事をしたい」、
「もっと成長したい」、
「もっと仕事に挑戦したい」
という気持ちを管理職者の方は、皆さんお持ちです。

ただ、「管理職者として、本来行うべきこと」は何なのかよく分からない。

また、その前提として、
「管理職者としての自分の仕事、役割」や
「仕事に対する考え方、取り組み姿勢」を
どう考えるとよいのか分からないという声をよくお聞き致します。

管理職者として本来行うべき仕事や
仕事のプロセスに必要な考え方をきちんと学習すると

確信を持って、主体的、意欲的に働くことができるようになります。

時代が要求しているものを見極めた
「より機動的な行動」や「より優れた対応」を行うことができます。

本研修においては、変化が常態化している中で、
管理職の方に、職場の変革を日頃の仕事の中で、

常に実践してもらう上で、
日々の仕事のプロセスに必要な、

管理職者として認識すべき、
仕事に対する考え方と実践のあり方について解説致します。

【研修項目】

   新しい現実を生み出す
   管理職者としての
   「仕事への取組み姿勢」
   「目標設定、進捗管理」
   「部下育成」の
   「考え方と実践12項目」を学習する

T.「新しい現実を生み出すための仕事への取組み姿勢」の
  「考え方と実践」

〜管理職者として新しい現実を生み出すために、
「管理職者としての仕事に対する考え方・本来行うべき仕事」を正しく理解し、実践する〜

第1項目
  仕事は学習のために実践する(仕事をする)という重要な側面があること、
  やる気・意欲は、目標へ取り組む実際の行動、努力、ひらめき、
  将来への展望などにより自分で育てるものであることを理解し、実践する。

第2項目
  今と将来それぞれにおいて獲得すべき成果を認識し、
  バランスさせ日常の仕事の中で新しい現実をつくっていくことが
  管理職者の仕事であることを理解し、実践する。

第3項目
  目標の達成・未達成は、とどのつまりは自分の問題(自責)であって、
  上司や部下(他責)のせいではないことを理屈で理解し、実践する。

第4項目
  担当分野の専門家であり続けるための自己研鑽が必要なことを理解し、
  実践する。

U.「新しい現実を生み出すための目標設定、進捗管理」の
  「考え方と実践」

〜「獲得すべき成果が必ず獲得できると確信できるまで考え抜き、
 自ら目標を設定し、何が何でも期限内に必ず成果をつくり出す」のが
 管理職者の仕事あることを理解し、実践する〜

第5項目
  「管理職者として本来・今・行うべき仕事」、
  「管理職者として獲得すべき成果」、
  「管理職者として行うべき進捗管理」を理解し、実践する。

第6項目
  仕事上発生する課題は、自己流を是正し、
  正しい対応方法を学習することの必要性を理解し、実践する。

第7項目
  「打合せや報告、連絡、相談」は、「仕事の付加価値の向上、
  新たなビジネスチャンスの獲得の場」であること、
  「仕事を進める上での最重要課題」であることを理解し、実践する。

第8項目
  職場の中では、「できない」、「無理といった」否定的な言葉を使わない。
  「困難な仕事でもこのような条件が整えばできる」
  という肯定的な言葉を使うことの必要性を理解し、実践する。

V.「新しい現実を生み出すための部下育成」の
  「考え方と実践」

〜部下の行動、発言内容をより優れたものに
 実際に変化させることが必要であることを理解し、実践する〜

第9項目
  「ヘッドシップ」と「リーダーシップ」の違いを理解し、実践する。

第10項目
  会社は常に今がベスト、さらなる会社の成長のためには、
  「一人ひとりの成長が会社の成長」、「仕事は自らつくるもの」、
  という仕事に対する基本的考え方を部下と共有することの
  必要性を理解し、実践する。

第11項目
  「部下の仕事」と「部下のやる気」をつくりだすのが
  管理職者の仕事であることを理解し、実践する。

第12項目
  「会議」や「日頃のコミュニケーション」により、
  担当部署を運命共同体にできることを理解し、実践する。

【研修所要時間】

 3時間

【費用】

 研修一式5万円(税抜き)、および研修会場までの講師の公共交通機関代とさせて
 頂いております。研修会場として、外部機関を使用される場合は、研修会場費も
 企業様にご負担頂いております。
 *研修用のテキストはデータでお渡しさせて頂きます。
  必要に応じて企業様の方でプリントアウトしてご使用頂ければと思います。

【研修日程】

 日程は、お打ち合わせの上、決めさせて頂きます。

【お問合せ・お申込み先】

 お問い合わせ、お申込みは、下記メールアドレスへご一報お願い致します。
 お問い合わせを等頂いたお客様には、こちらの方からメール、
 電話等で折り返し、ご連絡させて頂きます。
 NPOマネジメントスクール   npo.managementschool@gmail.com