「管理職教育・育成のエキスパート」

  〜NPO マネジメントスクール〜

●経営者の方へ《管理職者の “職場を常に変革する力” を“見える化”し日々の仕事の実践で養成する》
●役員・本部長研修(研修時間3時間)『新しい現実を生み出す管理職者をつくる12項目』
●実務を通した管理職実践研修(研修期間6ヶ月)『管理職者として新しい現実を生み出す』<6ヶ月間・12項目の実践>
●管理職研修(研修時間3時間)新しい現実を生み出す管理職者としての「仕事への取組み姿勢」「目標設定、進捗管理」「部下育成」の「考え方と実践12項目」を学習する
●管理職研修(研修時間5時間)『職場を常に変革する力を強化する』
●公開研修情報  ●コラムで管理職研修  ●Facebook  ●Twitter
●経営塾:経営者のための管理職養成戦略塾  ●小冊子:経営者のための管理職養成マニュアル    

                        NPOマネジメントスクールでは、管理職者の業務の生産性向上を主要テーマとして、
                        「仕事を通した管理職者の育成」に関して、職場の実務に直結した実践的な
                        研修を行っております。札幌商工会議所の会員です。

【無料メールマガジン登録】
コラムで管理職研修の他、
各種ご案内をお届け致します。
ぜひ、ご登録下さい。
下記メールアドレスへ
お名前とメールアドレス、
メルマガ希望と
ご記載頂きご送信下さい。
NPOマネジメントスクール
npo.managementschool@gmail.com
(公開研修情報 掲載サイト)
北海道産業人材育成ネットワーク
研修・セミナー ポータルサイト

札幌商工会議所
メールマガジン

札幌産業ポータル
メールマガジン
イベントカレンダー

【社内研修】
役員・本部長研修

『新しい現実を生み出す
 管理職者をつくる12項目』
【社内研修】
役員・本部長研修

【社内研修】
管理職研修

「実務を通した
管理職実践研修」
(研修期間6ヶ月)
『管理職者として
 新しい現実を生み出す』
<6ヶ月間・12項目の実践>
【社内研修】
管理職研修
【社内研修】
管理職研修

『職場を常に変革する力
を強化する』
【社内研修】
若手・新人リーダー研修
【社内研修】
管理職研修
【社内研修】
管理職研修
【社内研修】
管理職研修
【社内研修】
【社内研修】
【社内研修】
【社内研修】

管理職研修

「業務の推進・拡大、進捗管理とリーダーシップ」

〜管理職者として行うべき業務の遂行と進捗管理の徹底〜

■管理職者として、今行うべき重要業務を、意識的に目標に設定し、
 計画的に実行する

管理職者は、自ら目標を設定し、結果をつくっていかなければなりません。
そのためには、会社の発展のためには、「今、何が重要な仕事なのか」
「明日から何をすべきか」ということが分かっていなくてはなりません。

成果をあげるためには、管理職者として、本来、「今、何が重要な仕事なのか」、
「明日から何をすべきか」を常に考え、職場で実践していくことが必要です。

現在は、緊急度は低いけれど、重要度の高い業務の中に、今後の会社の発展に
必要な業務が、存在する場合が多くあります。

業務の推進・拡大のために、管理職者として、高い優先度で行うべき仕事は、
管理職者として行うべき重要業務、挑戦すべき重要業務といえます。

管理職者は、管理職者として行うべき重要業務、挑戦すべき重要業務を、
意識的に目標に設定し、計画的に日常業務に取組んでいく
仕事の設計図を描くことが必要です。

設計図を描くことにより、管理職者として、業務の推進・拡大のために、
いつ、何を行えばよいのかを明確に認識することができます。

■進捗管理の場は、管理職者にとって、自分の考えや意志を
 徹底する場として、部下の指導・育成の場として重要な場

管理職者は、職場のリーダーとして、設定した目標の達成のために
日々の仕事をどう進めていくのか、行った結果により、
仕事をどうコントロールしていくのか、日々の仕事の中で、
部下をどう育成していくのかなどを考え、計画し、実践しなければなりません。
これらの業務が進捗管理の業務となります。

実務的には、進捗管理とは、目標達成のための部署内のコミュニケーションの頻度と
日時を決め、コミュニケーションの内容を計画し、実行することであります。

進捗管理の場は、管理職者にとって、自分の考えや意志を徹底する場として、
部下の指導・育成の場として重要な場となります。

進捗管理の場は、管理職としての力を発揮する場であり、
また管理職者としての力を試される場でもあります。

進捗管理は、考えるという作業でもあります。当初予定した実施事項に対し、
未実施の状態や実施はしても数値目標が未達成の状況が続いた場合は、
何故なのかを考え対策を実行しなければなりません。

ただ単に、努力が足りないのか、目標や行動計画自体に問題があるのか、
このどちらかを見極めるのも管理職者としての重要な仕事となります。

この考えるという作業の中で、仕事の改善や新しいビジネスチャンスを
発見することが、数多くあります。

■リーダーシップと業務遂行は車の両輪

いくらよい業務の設計図を描き、進捗管理の日程を決めても、
それを実際に推進する管理職者が適確にリーダーシップを
発揮しなければ成果は得られません。

管理職者がリーダーシップを発揮することと業務の遂行は、
車の両輪の関係となります。

リーダーシップは、カリスマ的なものでも生まれ持った資質でもなく、
リーダーとして行うべき仕事を行っていると、あとからついてくるものとも言われます。

しかし、リーダーシップに関しては、先人達が多くの研究を行っており、
我々はそれを、謙虚に学び、少しでも多くの成果を上げることが重要であり、
それがリーダーの仕事、責任でもあります

リーダーシップは、学習により、意識的に開発し、身につけることが可能です。

本研修では、管理職者として成果をあげるためには、「今、何が重要な仕事なのか」、
「明日から何をすべきか」の内容と仕事の組立て方について学習します。
知識の取得だけではなく、職場で実際に活用できるように、
ワークシートを用いて今行うべき重要業務の選定と日常業務への落とし込み、
進捗管理方法の設定の実習を行います。

また、業務を遂行するために必要なリーダーシップ発揮の要件について学習し、
自分自身の今後のリーダーシップ像を設定します。

このような管理職者の方におすすめです。
■日々の仕事に追われ、新しい仕事に着手できないでいる方
■担当部署の業績が思うように上がらない方
■そもそも管理職として何の仕事を行えばよいのか分からない方
■どのようにリーダーシップを発揮するとよいのか分からない方

本研修で得られること。
■管理職者として明日から行うべき仕事が明確となります
■仕事の優先順位が分かります
■リーダーシップを発揮するための取組事項が明確になります
■意識的、計画的に仕事の成果を上げることができます

【研修項目】
管理職研修
「業務の推進・拡大、進捗管理とリーダーシップ」
〜管理職者として行うべき業務の遂行と進捗管理の徹底〜
 1.管理職者の重要業務とは
 2.優先順位を意識して、計画的に仕事を組立てる
 3.管理職者として今、取り組むべき重要業務の設定と
   日常業務への落とし込みの実習
 4.進捗管理事項設定の実習
 5.リーダーシップ発揮の方法
  ・実習を通して自分のリーダーシップ像を設定する
【研修所要時間】
 4時間
【費用】
 研修一式5万円(税抜き)、および研修会場までの講師の公共交通機関代とさせて
 頂いております。研修会場として、外部機関を使用される場合は、研修会場費も
 企業様にご負担頂いております。
 *研修用のテキストはデータでお渡しさせて頂きます。
  必要に応じて企業様の方でプリントアウトしてご使用頂ければと思います。
【研修日程】
 日程は、お打ち合わせの上、決めさせて頂きます。
【お問合せ・お申込み先】
 お問い合わせ、お申込みは、下記メールアドレスへご一報お願い致します。
 お問い合わせを等頂いたお客様には、こちらの方からメール、
 電話等で折り返し、ご連絡させて頂きます。
 NPOマネジメントスクール   npo.managementschool@gmail.com